話のポイントが不明瞭になる会話を避けるコツ

話のポイントが不明瞭になる会話を避けるコツ

会話でコミュニケーションをしていく
上で、自分が投げかけた質問に対して
相手から的を得た返事をしてもらうに
は、信頼関係の構築というのが非常に
重要になってきます。

 

信頼関係というのは簡単にできると
いうものでは決してありません。きちん
と相手のことを理解し受け入れるという
姿勢を保持することが必要です。

 

ですので固定観念や先入観を持った
状態で相手と会話のコミュニケーション
をしたとしたら、当然のことながら
伝えたいことは伝わりませんし、相手
から本当に聞き出したかったことを
聞くことができないまま時間と労力
ばかりを無駄に使ってしまうという
ことになりかねません。

 

まず相手との信頼関係構築のために
固定観念や先入観というのを捨てて
おくということから会話をスタートさ
せるように工夫が必要です。

 

ただ固定観念を捨て去るというのは
簡単なようで決して簡単ではありま
せん。

 

大半の人がある事項に関して固定観念
というのを持っているかと思いますが、
本人はそれに気付いていないという
可能性さえあります。

 

もはや常識として捉えているため、
自分では気付かないというケースが
よくあります。

 

固定観念を持つことによって、自分
自信の思考回路が硬直化して、柔軟性
を持つことができなくなり、自分独自
の判断や解釈をすることになり、
これが原因で他人とのコミュニケーシ
ョンに支障をきたすということさえ
あります。

 

そのような固定観念を排除するために
一体どのような工夫が必要かというと
複数人数で会話をするという方法です。

 

複数人数がいるということで、思考回路
の幅が広がるというのが大きなメリット
といえます。

 

相手が発した返事に対して、「なるほど
そのような考え方もあるのか」という
具合に解釈の幅を広げてくれるという
効果が期待できます。

 

ですので一人で会話をしていたとした
ら決して気がつくことが無かったよう
な事項であっても、新しい思考に気付
かされるというきっかけにもなる
というのは事実です。

 

これから会議をする、または初対面
の人と会話をするという場合、その
人の事前調査で調べた情報によって
固定観念を植え付けられないように
注意をしましょう。